imgberner
日本の世界遺産ツアーには、2千m級の山々と亜熱帯から亜寒帯の豊かな自然と植物相が生育する「屋久島」、東北2県の山岳地帯に跨る国内最大規模のブナ原生林が残された「白神山地」の自然遺産があります。

日本の世界遺産:屋久島 / 白神山地

四方を海に囲まれた日本は、北海道弁天島を最北端に、本州、四国、九州と日本列島を中心に、最南端の東京都沖ノ鳥島、最東端の東京都南鳥、最西端の南西諸島、沖縄・与那国島まで、亜寒帯から亜熱帯へと変化する気候と共に、地域独自の生態系が維持されています。

南北に細長い日本は、年間降水量も比較的多く、河川、湖などに豊富な水資源を湛え、常緑広葉樹林、落葉広葉樹林、落葉針葉樹林と森林の形成も多彩で生物多様性に富み、世界遺産に登録されている「屋久島」、「白神山地」、「知床」、「小笠原諸島」は、独自の生態系が維持されてきた地域で、固有の動植物が生息及び生育する地域となっています。

屋久島

美しい豊かな自然が残されている屋久島は、鹿児島県の南に位置する周囲約130kmの島、1,000m級の山々が30以上も連なり、島の中央部に位置する1935mの宮之浦焼岳は、九州最高峰で日本百名山の一つ、高く連なる山々に海から湿った風がぶつかり年間降雨量は、山岳地帯で1,0000mmにも達しています。

白神山地

13,000km² に及ぶ広大な白神山地は、青森県と秋田県の県境に跨り、標高1243m の向白神岳を筆頭に、白神岳、青鹿岳など、1,000m 以上の山々が聳え立ちます。

日本の世界遺産(自然遺産):屋久島
(Yakushima)

位置案内:屋久島

亜熱帯から亜寒帯に及ぶ多様な植物が垂直分布する屋久島は、低地で亜熱帯地方のガジュマルなどの植物が群生、照葉樹林(常緑広葉樹林)と針葉樹林の混合林が標高600m~1,200mに分布、高山地帯には、ヤクシマシオガマなどの植物が生育、また、森林、植物だけでなく、ヤクシカなど固有種の哺乳類、絶滅危惧種のアカヒゲなど貴重な動物も生息しています。

屋久島のシンボル屋久杉には、推定樹齢3,000年以上の大王杉、推定樹齢2,000年以上の縄文杉や紀元杉、樹齢2,000年以上になる杉が2,000本以上が生育しているとされています。

英語表記:Yakushima

所在地:鹿児島県熊毛群屋久町 N30 19 60 E130 31 60(緯度 経度)

登録基準 (vii)(ix) 1993年登録

日本の世界遺産(自然遺産):白神山地
(Shirakami-Sanchi)

位置案内:白神山地

世界遺産に登録されている白神山地の中心部分には、8000年近い歴史を持つブナ林からサワグルミ、ミズナラなどの多種多様な植物群落が確認されています。

針葉樹の植林によって次第に姿を消していったブナ林ですが、現在でも白神山地には広大なブナの原生林が残り、絶滅危惧種のイヌワシをはじめ、クマゲラ、ツキノワグマ、ニホンカモシカ、ニホンザルなどの動物も生息しています。

英語表記:Shirakami-Sanchi

所在地:青森県西津軽郡深浦町・鰺ケ沢町、中津軽郡西目屋村、秋田県山本郡藤里町 N40 28 12 E140 7 48(緯度 経度)

登録基準 (ix) 1993年登録

日本の世界遺産 一覧

Japan Landscape

日本の世界遺産 位置案内

日本の世界遺産 位置案内 姫路城 法隆寺地域の仏教建造物 古都京都の文化財 白川郷・五箇山の合掌造り集落 厳島神社 広島平和記念碑(原爆ドーム) 古都奈良の文化財 日光の社寺 琉球王国のグスク及び関連遺産群 紀伊山地の霊場と参詣道 石見銀山遺跡とその文化的景観 平泉・仏国土(浄土)を表す建築・庭園 富士山 信仰の対象 富岡製糸場と絹産業遺産群 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ル・コルビュジエの建築作品 『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群 屋久島 白神山地 知床 小笠原諸島
Japan Landscape