imgberner
日本の世界遺産ツアーには、歴史を物語る明治時代の急速な西洋技術の取込みと日本の伝統的技術との融合により、西洋諸国のアジア植民地支配に対抗し、近代国家へと変貌させた「明治日本の産業革命遺産」があります。
アジア大陸東方、極東に位置する日本の世界遺産ツアーには、古代の地元統治者、宗像一門に関連した考古学的遺跡が点在する『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群など、豊かな自然環境のなか古代より東アジアの他地域との交流を示す文化的景観に日本列島で独自の進化を遂げた種が息づく自然を巡る世界遺産ツアーがあります。

日本の世界遺産:『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

信仰の対象の神聖な島、海の正倉院とも称される沖ノ島は、福岡県宗像市の北東約63km県内に位置する周囲約4kmの玄界灘に浮かぶ小島、『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群は、宗像大社沖津宮を含む沖ノ島を中心とする関連遺産群。

日本の世界遺産(文化遺産):『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群
(Sacred Island of Okinoshima and Associated Sites in the Munakata Region)

位置案内:沖ノ島

日本の世界遺産 一覧

Japan Landscape

日本の世界遺産 位置案内

日本の世界遺産 位置案内 姫路城 法隆寺地域の仏教建造物 古都京都の文化財 白川郷・五箇山の合掌造り集落 厳島神社 広島平和記念碑(原爆ドーム) 古都奈良の文化財 日光の社寺 琉球王国のグスク及び関連遺産群 紀伊山地の霊場と参詣道 石見銀山遺跡とその文化的景観 平泉・仏国土(浄土)を表す建築・庭園 富士山 信仰の対象 富岡製糸場と絹産業遺産群 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ル・コルビュジエの建築作品 『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群 屋久島 白神山地 知床 小笠原諸島
紅葉

日本 山岳風景 紅葉