imgberner
シンガポールの世界遺産には、英国風スタイルの「プレジャーガーデン」から科学的知識の進歩に重要な役割を果たしてきたギリス植民地時代の熱帯植物園が世界遺産として引き継がれています。

東南アジアに位置するシンガポール共和国には、イギリスの植民地時代の熱帯植物園から東南アジアの多くの地域に植栽、開発、流通の提示をする科学研究の植物園として世界的な「シンガポール植物園」が世界遺産(文化遺産)として引き継がれています。

シンガポールの世界遺産:シンガポール植物園

シンガポール植物園

シンガポール街の中心部に位置するシンガポール植物園は、園芸や植物研究のための施設が植民地政府から与えられた英国風スタイルの「プレジャーガーデン」からシンガポール独立後の熱帯植物学および園芸科学の知識と専門技術に主導的な役割を果たし続けています。

シンガポール植物園は、シンガポール共和国初めての世界遺産(文化遺産)登録です。

シンガポールの世界遺産(文化遺産):シンガポール植物園
(Singapore Botanical Gardens)

位置案内:シンガポール植物園

シンガポール植物園は、英国植民地の実利的な経済庭園として植物研究のための施設が植民地政府から与えられた1859年の開設以降、19世紀には東南アジア植物研究の中心となり、20世紀にはゴム農園の拡大に大きく貢献しています。

シンガポール植物園は、ゴム農園の開発などの熱帯植物学、園芸分野の科学的知識の進歩に重要な役割を果たしてきた英国熱帯植物園の顕著な例を示しています。

独立後の現在では、レクリエーションとともにシンガポールの緑化に重要な役割を果たし、熱帯植物学および園芸科学の知識と専門技術の教育の場として、世界的な植物園へと進化を続けています。

英語表記:Singapore Botanical Gardens

所在地:シンガポール街の中心部 N1 18 55 E103 48 58(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (ii)(iv) 2015年登録

シンガポールの世界遺産 一覧

シンガポールの世界遺産 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
シンガポール植物園 文化遺産

シンガポール共和国 渡航に応じた安全対策の目安情報。

外務省公表の「危険情報」は、渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報。

シンガポール共和国 渡航に対する危険情報