imgberner
世界屈指の国土面積を保持するロシアには、美しい町並みに帝政時代の宮殿、ロシア正教会、修道院など、多くの文化遺産と生物多様性に優れた手つかずの自然遺産を巡る世界遺産ツアーがあります。

北アジア、東欧に位置するロシア連邦には、モスクワの修道士により創設されロシアにおけるもっとも影響力のある聖地となった中世ロシアの信仰の強さを例示する「ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群」、大理石で造られ精巧な浮彫が施された白の外壁を特徴とする聖堂や修道院などの石造建築が点在する中世ロシアの古都「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」など、帝政ロシア時代の伝統的な文化を示す華麗な建造物の町並みとロシア正教の大聖堂、修道院群などの象徴的な世界遺産(文化遺産)が引き継がれています。

ロシアの世界遺産:ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群 / ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群

ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群

ロシア連邦北西部アルハンゲリスク州の州都アルハンゲリスクから290km、モスクワの北約1.100km圏内に位置、白海に浮かぶ6つの島からソロヴェツキー諸島は構成されています。

ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群の300k㎡をカバーする区域に、定住時期が有史以前とされる部落、聖地、潅漑システム跡などがボリショイ・ザヤツキー島(Bolshoy Zayatsky Island)、アンツァー島(Anzer Island)に残されています。

15世紀頃には熱心な修道士の活動場所となり、16世紀~19世紀頃に建設された修道院が現在に引き継がれています。

ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群

ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群は、モスクワの東北東約200km圏内、ロシア連邦ウラジーミル州の州都ウラジーミルとスーズダリに位置。

ウラジーミルとスーズダリには、中央ロシアの国家建設に於ける歴史上重要な位置を保持する白石灰岩で造られた白壁の美しい聖堂や修道院、城塞など、12世紀~13世紀の建造物が引き継がれています。

ロシアの世界遺産(文化遺産):ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群
(Cultural and Historic Ensemble of the Solovetsky Islands)

位置案内:ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群

ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群

紀元前3千年頃、現在より温暖な気候条件であった中石器時代の早い段階での人の居住跡、18ストーンラビリンス(18 stone labyrinths)、600個以上の埋葬石塚、石で配列されたいくつかのストーン・サークルなど、こぢんまりしたと宗教的な古墳群が見つかっています。

アンツァー島では、4つのストーンラビリンスと38の石塚が海岸に沿って不規則に配置され、この地域の海岸線の植生の変化を通じて気候の歴史を追跡するために非常に重要と評されています。

15世紀になると熱心な修道士がソロヴェツキー諸島で活動したとされ、16世紀~19世紀頃に建設された修道院が現在に引き継がれています。

英語表記:Cultural and Historic Ensemble of the Solovetsky Islands

所在地:アルハンゲリスク州ソロヴェツキー N65 4 60 E35 40 0(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (iv) 1992年登録

 ソロヴェツキー諸島(Solovetsky Islands) 主な観光地

ソロヴェツキー諸島(Solovetsky Islands) 所在地:アルハンゲリスク州(Arkhangelsky region) N65 04 42.1 E35 38 11.2 ※ ⇒ Google Map

ソロヴェツキー修道院(Solovetsky Monastery) 所在地:アルハンゲリスク州(Arkhangelsky region) N65 01 28.8 E35 42 35.0 ※ ⇒ Google Map

ロシアの世界遺産(文化遺産):ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群
(White Monuments of Vladimir and Suzdal)

位置案内:ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群

ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群

ウラジーミルは、12世紀初頭、ウラジーミル2世モノマフ(Vladimir II Monomakh、キエフ大公、1053年~1125年、在位:1113年~1125年)によってに創建、12世紀~18世紀ウラジーミル大公国(ウラジーミル・スーズダリ大公国)の首都。

現在のウラジーミル州の州都ウラジーミル(Vladimir)、ボゴリュボヴォ(Bogolyubovo)、スーズダリ(Suzdal)、キデクシャ(Kideksha)に残存するロシア正教の生神女就寝大聖堂、生神女庇護聖堂、修道院、要塞など、8つの建造物群が世界遺産(文化遺産)ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群として登録されています。

英語表記:White Monuments of Vladimir and Suzdal

所在地:ロシア連邦ウラジミール N56 8 60 E40 25 0(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (i)(ii)(iv) 1992年登録

ロシアの世界遺産 一覧

ロシアの世界遺産 位置案内

ロシアの世界遺産 位置案内 サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群 キジー・ポゴスト(キジ島の木造教会) モスクワのクレムリンと赤の広場 ノヴゴロドの文化財とその周辺地区 ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群 ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群 セルギエフ・ポサドの至聖三者聖セルギイ大修道院の建造物群 コローメンスコエの昇天教会 クルシュー砂州 フェラポントフ修道院群 カザン・クレムリンの歴史遺産群と建築物群 デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群 ノヴォデヴィチ女子修道院群 ヤロスラヴリの歴史地区 シュトルーヴェの測地弧 ボルガルの歴史的考古学的遺跡群 コミ原生林 バイカル湖 カムチャツカ火山群 アルタイの黄金山地 西コーカサス山脈 中央シホテ-アリン ウヴス・ヌール盆地 ウランゲル島保護区の自然生態系 プトラナ台地 レナ石柱自然公園

ロシアの世界遺産(自然遺産) 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
コミ原生林 自然遺産
バイカル湖 自然遺産
カムチャツカ火山群 自然遺産
アルタイの黄金山地 自然遺産
西コーカサス山脈 自然遺産
中央シホテ-アリン 自然遺産
ウヴス・ヌール盆地 自然遺産
ウランゲル島保護区の自然生態系 自然遺産
プトラナ台地 自然遺産
10 レナ石柱自然公園 自然遺産