imgberner
中国とロシアに挟まれた内陸国モンゴルには、古代遊牧社会の遺跡や中世に栄華を極めた帝国の文化遺産と生物多様性に優れ、風光明媚な草原、砂丘、湖、森林、峡谷を巡る世界遺産ツアーがあります。

古代遊牧社会の遺跡や中世に栄華を極めた帝国の遺跡が残る北アジアに位置するモンゴル国には、チンギス・ハーンが誕生した聖なる山として、モンゴルの他の山に追随を許さない精神的な意味を持ち、ユニークな生物多様性と複雑な生態系を保持する「グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地」の文化遺産と風景に多様性を誇る高山砂漠に草原ステップ、針葉樹林広がる山岳地帯の自然遺産が引き継がれています。

モンゴルの世界遺産:グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地

グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地

グレートブルカン・カルドゥンは、モンゴル北東部、首都ウランバートルの東南東約290kmkm 圏内、中央アジアの草原がシベリアの針葉樹樹林と交差するヘンティー山脈中心部の峰でヘンティー県(Khentii Aimag)に位置。

グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンは、中世にユーラシア大陸を横断するモンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンの出身地、および彼が埋葬された墓の位置と想定されています。

モンゴルの世界遺産(文化遺産):グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地
(Great Burkhan Khaldun Mountain and its surrounding sacred landscape)

位置案内:グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地

グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地

「神山」を意味する聖地ブルカン・カルドゥン(ブルカン山)は、ヘンティ・カーンとも呼ばれ、標高2,362m、プロパティーは、4437.39k㎡、緩衝地帯2716.5k㎡ の領域を保持。

グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地に散在するオボーは、ブルカン・カルドゥンを神聖な山と川を崇拝の対象とする古代シャーマニズムと仏教融合の実践による形式化された儀式に関連づけられています。

英語表記:Great Burkhan Khaldun Mountain and its surrounding sacred landscape

所在地:モンゴル N48 45 43.12 E109 0 33.58(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (iv)(vi) 2015年登録

ヘンティー県 観光地

ヘンティー県(Khentii Aimag) 所在地:モンゴル国ヘンティー県(Khentii Aimag,Mongol Uls) N47 21 49.8 E110 37 16.5 ※ ⇒ Google Map

ブルカン・カルドゥン(Burkhan Khaldun) 所在地:モンゴル国ヘンティー県(Khentii Aimag,Mongol Uls) N48 45 11.5 E108 39 43.3 ※ ⇒ Google Map

ウンドゥルハーン(Undur Khan) 所在地:モンゴル国ヘンティー県(Khentii Aimag,Mongol Uls) N47 18 57.5 E110 39 08.8 ※ ⇒ Google Map

モンゴルの世界遺産 一覧

モンゴルの世界遺産(文化遺産・自然遺産) 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
オルホン渓谷の文化的景観 文化遺産
モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群 文化遺産
グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地 文化遺産
ウヴス・ヌール盆地 自然遺産