imgberner
中国とロシアに挟まれた内陸国モンゴルには、古代遊牧社会の遺跡や中世に栄華を極めた帝国の文化遺産と生物多様性に優れ、風光明媚な草原、砂丘、湖、森林、峡谷を巡る世界遺産ツアーがあります。

古代遊牧社会の遺跡や中世に栄華を極めた帝国の遺跡が残る北アジアに位置するモンゴル国には、、「オルホン渓谷の文化的景観」、「モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群」などの文化遺産、風景に多様性を誇る高山砂漠に草原ステップ、針葉樹林広がる山岳地帯の自然遺産が引き継がれています。

モンゴルの世界遺産:オルホン渓谷の文化的景観 / モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

オルホン渓谷の文化的景観

オルホン渓谷の文化的景観はモンゴル中央部、首都ウランバートルから北西約360km圏内のオルホン県(Orkhon Aimag)に位置、オルホン川に沿いの草原1219.67k㎡ 、緩衝地帯610.44k㎡ をカバ-する領域が含まれています。

オルホン川流域に広がる風光明媚な草原を背景に遊牧生活が営まれた地域に、先史時代から発展した遊牧民独特の政治、文化、経済の故郷として数多くの考古学的遺跡が現在に引き継がれています。

モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群は、首都ウランバートルから約1,300km~1,350km 圏内、モンゴル最西部バヤンウルギー県ウラーンフス郡 (Ulaankhus)とツェンゲル郡 (Tsengel)のモンゴル・アルタイ山脈に位置。

岩絵群は、バヤンウルギー県ウラーンフス郡 (Ulaankhus) のツァガーン・サラー - バガ・オイゴル(Tsagaan Salaa-Baga Oigor)とツェンゲル郡 (Tsengel) のアッパー・ツァガーン・ゴル (Upper Tsagaan Gol) 、アラル・トルゴイ (Aral Tolgoi)の3ヶ所の岩絵遺跡から構成されています。

モンゴルの世界遺産(文化遺産):オルホン渓谷の文化的景観
(Orkhon Valley Cultural Landscape)

位置案内:オルホン渓谷の文化的景観

オルホン渓谷の文化的景観

オルホン渓谷は、広大なユーラシア大陸の東西を横断する文明の十字路を務め、遊牧民帝国の故郷として政治、文化、経済、宗教活動が約2,000年にわたり継続した地域。

人間のオルホン渓谷への定住形跡は、約40,000年前~15,000年前の Moiltyn Am 遺跡と最古の定住が約62,000年前~58,000年前の Orkhon-7 遺跡から明らかにされています。

オルホン渓谷はフン族によって継続定住され、その後、先史時代や青銅器時代を超えて、原史時代の歴史的な古代前半は、テュルク系民族、ウイグル族、契丹(きったん)、そして、最後にモンゴルが占領。

英語表記:Orkhon Valley Cultural Landscape

所在地:オルホン県 N47 33 24 E102 49 53(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (ii)(iii)(iv) 2004年登録

モンゴル 観光地

ウランバートル(Ulan Bator) 所在地:モンゴル国ウランバートル(Ulan Bator,Mongol Uls) N47 53 34.6 E106 54 38.9 ※ ⇒ Google Map

オルホン県(Orkhon Aimag) 所在地:モンゴル国オルホン県(Orkhon Aimag,Mongol Uls) N49 02 29.4 E104 23 41.8 ※ ⇒ Google Map

オルホン渓谷(Orkhon Valley) 所在地:モンゴル国オルホン県(Orkhon Aimag,Mongol Uls) N47 17 39.9 E102 44 17.8 ※ ⇒ Google Map

エルデネ・ズー 修道院(Erdene Zuu) 所在地:モンゴル国オルホン県(Orkhon Aimag,Mongol Uls) N47 12 06.0 E102 50 35.2 ※ ⇒ Google Map

Tuvkhun 修道院(Tuvkhun) 所在地:モンゴル国オルホン県(Orkhon Aimag,Mongol Uls) N47 00 46.2 E102 15 19.5 ※ ⇒ Google Map

Shankh 修道院(Shankh) 所在地:モンゴル国オルホン県(Orkhon Aimag,Mongol Uls) N47 03 04.6 E102 57 13.4 ※ ⇒ Google Map

ゴビ砂漠(Gobi Desert) 所在地:モンゴル国ウムヌゴビ県(Omnogovi Aimag,Mongol Uls) N42 35 23.9 E103 25 47.9 ※ ⇒ Google Map

ウブス湖(Uvs Nuur Lake) 所在地:モンゴル国オブス県(Uvs Aimag,Mongol Uls) N50 23 55.7 E92 41 11.3 ※ ⇒ Google Map

テルヒーン・ツァガーン湖(erkhiin Tsagaan Lake) 所在地:モンゴル国アルハンガイ県(Arkhangai Aimag,Mongol Uls) N48 09 40.7 E99 40 44.2 ※ ⇒ Google Map

フレイミング・クリフス(Framing Cliff) 所在地:モンゴル国ボルガン県(Bulgan Aimag,Mongol Uls) N44 08 51.4 E103 42 33.4 ※ ⇒ Google Map

モンゴルの世界遺産(文化遺産):モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群
(Petroglyphic Complexes of the Mongolian Altai)

位置案内:モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群は、すべて更新世の氷河によって切り開かれた高い山の谷間に位置、3ヶ所の岩絵遺跡の構成要素は、12,000年間の人間文化の発展を反映し、ペトログリフと埋葬儀式記念碑の大規模集中が含まれています。

ロックア-トの持続的な関連性は、表面モニュメント及び川の自然環境と大きく関係、尾根との基本的方向が、住む土地とコミュニティ社会の統合を鮮やかな感性で作成されています。

英語表記:Petroglyphic Complexes of the Mongolian Altai

所在地:バヤン・ウルギー県 N49 20 2 E88 23 43(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (iii) 2011年登録

バヤン・ウルギー県 観光地

バヤン・ウルギー県(Bayan Olgiy Aimag) 所在地:モンゴル国バヤン・ウルギー県(Bayan Olgiy Aimag,Mongol Uls) 48 58 10.9 E89 58 03.2 ※ ⇒ Google Map

アルタイ山脈の岩絵群(Petroglyphic Complexes) 所在地:モンゴル国バヤン・ウルギー県(Bayan Olgiy Aimag,Mongol Uls) N49 19 43.6 E88 20 55.9 ※ ⇒ Google Map

モンゴルの世界遺産 一覧

モンゴルの世界遺産(文化遺産・自然遺産) 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
オルホン渓谷の文化的景観 文化遺産
モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群 文化遺産
グレートブルカン・カルドゥン・マウンテンと周辺聖地 文化遺産
ウヴス・ヌール盆地 自然遺産

モンゴル国 渡航に応じた安全対策の目安情報。

外務省公表の「危険情報」は、渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報。

モンゴル国 渡航に対する危険情報