imgberner
韓国の世界遺産ツアーには、歴史を物語る朝鮮半島に栄えた新羅、百済、高麗、李氏朝鮮など朝鮮王朝の古墳群や仏教関連の建造物、特権階級両班(ヤンバン )の伝統的な集落様式の文化遺産があります。

北東ユーラシア、朝鮮半島の南に位置する韓国(大韓民国)には、4世紀半から10世紀前半まで隆盛を誇った新羅王朝の古墳、建造物などの史跡が点在する「慶州歴史地域」、18世紀末の李氏朝鮮国王が建造した城塞遺跡などの歴史建造物が世界遺産(文化遺産)として引き継がれています。

韓国の世界遺産:華城 / 慶州歴史地域

華城

華城(ホァソン)は、韓国の首都ソウルから南に位置する京畿道(キョンギド)水原市に位置、18世紀末、李氏朝鮮第22代国王・正祖(チョンジョ)が建造した城塞遺跡、別名、水原城とも呼称されています。

慶州歴史地域

慶州は、4世紀半から10世紀前半に朝鮮半島南東部を勢力圏に置いた古代朝鮮・新羅国家の首都、新羅国家の古墳、建造物、仏教寺院が慶州市の市内及び郊外に分布する観光都市。

新羅国家の史跡、建造物が、慶州(キョンジュ)の歴史地域として世界遺産(文化遺産)に登録されています。

韓国の世界遺産(文化遺産):華城
(Hwaseong Fortress)

位置案内:華 城

華城(ホァソン)は東に蒼龍門(チャンヨンムン)、西に華西門(ホァソムン)、南に八達門(パルダルムン)、北に長安門(チャンアンムン)の4つの城門が位置。

長安門(チャンアンムン)の東には、市内を流れる光教川(クワンギョチョン)に架かる石橋の下に7つのア-チ型の水門があり、水上楼閣華虹門(ホァホンムン)があります。

石造り城壁の東北・西北に見張り台兼砲台、高所からは市内を一望できる西将台など、城郭自体が要塞となっています。

英語表記:Hwaseong Fortress)

所在地:京畿道水原市 N37 16 19.992 E127 0 29.988(緯度 経度)

登録基準 (ii)(iii) 1997年登録

韓国の世界遺産(文化遺産):慶州歴史地域
(Gyeongju Historic Areas)

位置案内:慶州歴史地域

慶州市は南山地区、月城地区、大陵苑地区、皇竜寺地区、山城地区に区分され、新羅王朝時の宮殿跡や寺院跡などの史跡が数多く点在し現在に引き継がれています。

南山地区・・・新羅王が酒宴を催したといわれる飽石亭、小さな石像から大きな磨崖仏。

月城地区・・・かっての新羅王宮、東洋最古の天文台瞻星台、新羅金王朝の始祖が生まれた鶏林。

大陵苑地区・・・新羅王族の天馬塚など大小23基の古墳群。

皇竜寺地区・・・新羅王朝時の雄大さを物語る大寺院の皇竜寺跡地や芬皇寺。

山城地区・・・明活山城。

英語表記:Gyeongju Historic Areas

所在地:慶尚北道慶州市 N35 47 20.004 E129 13 36.012(緯度 経度)

登録基準 (ii)(iii) 2000年登録

韓国の世界遺産 一覧

韓国の世界遺産 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
宗廟 文化遺産
昌徳宮 文化遺産
石窟庵と仏国寺 文化遺産
海印寺大蔵経板殿 文化遺産
華城 文化遺産
慶州歴史地域 文化遺産
高敞、和順、江華の支石墓群 文化遺産
朝鮮王陵 文化遺産
大韓民国の歴史的村落:河回と良洞 文化遺産
南漢山城 文化遺産
百済歴史地区群 文化遺産
済州火山島と溶岩洞窟群 自然遺産