imgberner
カンボジアの世界遺産ツアーには、カンボジアに栄えた歴史を物語る古代国家の都市遺跡や仏教関連の建造物の文化遺産があります。

東南アジアに位置するカンボジアには、ジャングルの中に発見された古代隆盛を誇ったカンボジア王朝の「アンコール遺跡」、タイ、カンボジア国境にある「プレアヴィヒア寺院」などの宗教建造物が世界遺産(文化遺産)として引き継がれています。

カンボジアの世界遺産:アンコール遺跡 / プレアヴィヒア寺院

アンコール遺跡

カンボジア北部シェムリアップ州、トンレサップ湖の北に位置するアンコール遺跡は、9世紀~15世紀、東南アジアで栄花をを極めたクメール王朝の都市遺跡。

クメール帝国は、東南アジアの多くの地域を包容し、地域の政治・文化の発展における形成的役割を果たしたとされ、寺院や宮殿などの遺跡群は文化的、宗教的な象徴を例示するだけでなく、クメール建築の芸術性の高さを例示、人類の遺産と呼ぶにふさわしいものとされています。

風雨に晒された歳月と内戦等によって崩壊の危機にあったアンコールは危機遺産に登録されたが、ユネスコと多くの国の支援により保存が進み、危機遺産から解除されています。

プレアヴィヒア寺院

プレアヴィヒア寺院寺院は、タイ国境に接するヒンドゥー教山岳寺院。

海抜547mの断崖に建設された寺院は、南北軸に沿った800mの舗装路と階段によって連結され、壮大な風景を見下ろす立地条件と周囲の自然環境と融合した聖域はクメール建築の優れた傑作とされています。

カンボジアの世界遺産(文化遺産):アンコール遺跡
(Angkor)

9世紀~14世紀にかけて繁栄したクメール王朝は、人工水域(バライ:baray)と大規模な貯水池、運河、堤防の灌漑設備を建設して農業振興を図り、全盛期には東南アジアで強大な勢力を保持、地域一帯で政治的、文化的に先駆的な役割を果たしています。

14世紀後半に勃興したタイのアユタヤ王朝との攻防により国力が衰退、15世紀前半、アユタヤ王朝の侵攻によってクメール帝国の首都アンコール・トムは崩壊。

ジャングルの中に消えたクメール王朝の遺構は、長い歳月の後、フランス人学者によって発見されています。

副次的なインド大陸様式のクメール建築は、独自文化の創作、近隣の伝統文化の採用によって、東南アジアの独自の建築様式を促進、インド大陸様式から進化した建築芸術と称され、アンコールワット、バイヨン、バンテアイ・スレイ、プリヤ・カーン、タプロームの背後関係は、地理的に連結されているだけでなく、クメール建築を象徴する寺院とされています。

アンコール時代の祖先の人々は公園全体に散在、ほとんど現存する運河と人工水域で稲作を主体する農業を行っています。

英語表記:Angkor

所在地:シェムリアップ州:N13 25 60 E103 49 60(緯度 経度:度分秒) ※ユネスコ世界遺産リスト

登録基準 (i)(ii)(iii)(iv) 1992年登録

アンコール 観光地

アンコールワット(Angkor Vat):所在地 N13 24 45.1 E103 52 01.0 ※ ⇒ Google Map

アンコールトム(Angkor Thom):所在地 N13 26 22.2 E103 51 43.9 ※ ⇒ Google Map

バイヨン(Bayon):所在地 N13 26 24.0 E103 51 42.2 ※ ⇒ Google Map

バンテアイ・スレイ(Banteay Srei):所在地 N13 22 07.3 E103 51 52.0 ※ ⇒ Google Map

プリヤ・カーン(Preah Khan):所在地 N13 27 42.9 E103 52 18.8 ※ ⇒ Google Map

タ・プローム(Ta Prohm):所在地 N13 26 05.3 E103 53 21.3 ※ ⇒ Google Map

位置案内:アンコール遺跡

カンボジアの世界遺産(文化遺産):プレアヴィヒア寺院
(Temple of Preah Vihear)

クメール王朝により創建されたヒンドゥー教シヴァ神を祀るプレア・ヴィヘア寺院は、12世紀まで増改築を重ねられたが、地域一帯のヒンドゥー教衰退によって仏教寺院に変遷しています。

タイ、カンボジアによるプレアヴィヒア寺院の帰属紛争により立ち入り禁止とされていましたが、現在は観光ツアーに問題はなく、外務省公表の「危険情報」も引き下げられています。

英語表記:Temple of Preah Vihear

所在地:プレアヴィヒア州:N14 23 18 E104 41(緯度 経度:度分秒) ※ユネスコ世界遺産リスト

登録基準 (i) 2008年登録

位置案内:プレアヴィヒア寺院

カンボジアの世界遺産 一覧

カンボジアの世界遺産 登録リスト

登録年度順 登録名 登録区分
アンコール遺跡 文化遺産
プレアヴィヒア寺院 文化遺産

カンボジア王国 渡航に応じた安全対策の目安情報。

外務省公表の「危険情報」は、渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報。

カンボジア王国 渡航に対する危険情報