imgberner
ボリビアの世界遺産ツアーには、スペイン統治時代の町並みにキリスト教伝道施設群、先コロンブス期の都市遺跡、インカ帝国が築き上げた道路網、風光明媚な高地草原・森林の自然を巡る世界遺産ツアーがあります。
南米5国と国境を接する内陸国ボリビア多民族国の世界遺産ツアーには、アンデス・プレヒスパニック(prehispanic)文明の発展に主導的な役割を果たした帝国パワーの印象的な遺跡「ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地」、インカの人々が交流や商業取引のために整備したアンデス山脈一帯の6ヵ国にわたって延びる道路網「カパック・ニャン アンデスの道」など、スペイン植民地時代の都市計画に基づいて築かれた町並みや銀採掘により繁栄した町並み、先コロンブス期の宗教、住居跡の都市遺跡を巡る世界遺産ツアーがあります。

ボリビアの世界遺産:ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 / カパック・ニャン アンデスの道

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地

ティワナク文化の宗教的・政治的中心地は、ボリビア東部、海抜3,850m の高地、ラパス県(Department of La Paz)インガビ郡(Province of Ingavi)、アルティプラーノ(Altiplano)高原地帯のチチカカ湖(Lago Titicaca)南岸に位置、古都の大部分は、主に日干煉瓦(アドービ)で建設された現代的な町に覆われ、保護された考古学区域に記念碑的儀式センターの石造り建築で残存します。

カパック・ニャン アンデスの道

カパック・ニャン(Qhapaq Nan、Andean Road)は、15世紀に最大規模に達したアンデス山脈間の峰筋で構成されたインカ帝国、南北6,000km を縦断する主要な幹線道路で、数百年にわたるプレ・ヒスパニック・アンデス共同体によって建設された広範な道路ネットワーク。

インカ帝国の統合中ペルー共和国のクスコを拠点に南米6ヶ国、ボリビア多民族国、ペルー共和国、アルゼンチン共和国、チリ共和国、コロンビア共和国、エクアドル共和国に跨る登録面積114km²、緩衝地帯6630.69km²を占有する総延長3万キロ以上に上る広範な道路網が構築され、通信、貿易、防衛及び地域住民などに利用されています。

ボリビアの世界遺産(文化遺産):ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地
(Tiwanaku: Spiritual and Political Centre of the Tiwanaku Culture)

位置案内:ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地

小さな集落として始まり、A.D.400年からA.D.900年に繁栄したティワナク文化の宗教的・政治的中心地の最大の文化的表現は、儀式上の中心に向かって方向にづけられた基本方位に、正確に彫刻された印象的な石造り、雨水の流れを制御する複雑な地下排水システムを装備して建てられ都市計画に反映、この都市の宗教的空間は、半地下神殿、カラササヤ寺院(Kalasasaya's Temple)、アカパナ・ピラミッド(Akapana's Pyramid)、プマプンク・ピラミッド(Pumapumku's Pyramid)など、様々な文化的に異なる時代に対応した一連の建築構造の文化継承によって形作られ、さらに、地域の政治、行政は、プトゥニ(Putuni)、カンタタリータ(Kantatallita)の宮殿のような構造で示されています。

英語表記:Tiwanaku: Spiritual and Political Centre of the Tiwanaku Culture

所在地:ラパス県
S16 33 30 W68 40 40.008(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (iii)(iv) 2000年登録

ラパス県 観光地

ラパス県(Departamento de La Paz):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S15 00 00 W68 20 00 ※ ⇒ Google Map

ラパス(La Paz):所在地 ラパス県ラパス(La Paz,Departamento de La Paz) S16 29 39 W68 08 51 ※ ⇒ Google Map

インガビ(Provincia de Ingavi):所在地 ラパス県(Ingavi,Departamento de La Paz) S16 43 00 W68 50 00 ※ ⇒ Google Map

アルティプラーノ(Altiplano):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 27 44 W68 10 26 ※ ⇒ Google Map

ティワナク(Tiwanaku):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 33 15.4 W68 40 26.2 ※ ⇒ Google Map

ムリーリョ広場(Plaza Murillo):所在地 ラパス県ラパス(La Paz,Departamento de La Paz) S16 29 56.4 W68 08 46.5 ※ ⇒ Google Map

ラパス大聖堂(Catedral Metropolitana Nuestra Senora de La Paz):所在地 ラパス県ラパス(La Paz,Departamento de La Paz) S16 29 47.3 W68 08 03 ※ ⇒ Google Map

月の谷(Valle de la Luna):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 34 02 W68 05 40 ※ ⇒ Google Map

ブルハス市場(Witches Market):所在地 ラパス県ラパス(La Paz,Departamento de La Paz) S16 29 46.1 W68 08 21.4 ※ ⇒ Google Map

ムエラ・デル・ディアブロ(Muela del Diablo):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 33 44.2 W68 03 24.9 ※ ⇒ Google Map

コタパタ国立公園(Parque Nacional Cotapata):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 11 55.1 W67 53 57.9 ※ ⇒ Google Map

太陽の島(Isla del Sol):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 01 01.9 W69 10 41.1 ※ ⇒ Google Map

チチカカ湖(Lago Titicaca):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S15 45 00 W69 25 00 ※ ⇒ Google Map

コパカバーナ聖母教会(Basilica de Nuestra Senora de ):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 09 59.4 W69 05 08.2 ※ ⇒ Google Map

ウルバノ・セントラル公園(Parque Urbano Central):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 30 11.6 W68 07 31.5 ※ ⇒ Google Map

セロ・エル・カルバリオ(Cerro El Calvario):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 09 42 W69 05 30 ※ ⇒ Google Map

チャカルタヤ(Cerro Chacaltaya):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 21 12 W68 07 53 ※ ⇒ Google Map

ワイナ・ポトシ(Huayna Potosi):所在地 ラパス県(Departamento de La Paz) S16 15 45 W68 09 13.5 ※ ⇒ Google Map

カパック・ニャン アンデスの道
(Qhapaq Ñan, Andean Road System)

位置案内:カパック・ニャン アンデスの道

カパック・ニャン アンデスの道

道路網は、インカ帝国(Tawantinsuyu)の首都であるクスコの中央広場にから主要な4つの基幹道路に基づき、いくつかの支線道路網に接続され、相互接続などの結合を確立、616.06kmに及ぶカパック・ニャン(Qhapaq Nan)の商業産業基盤に加え、インカの建築及び土木工事の業績を強調する137の構成区域および308の関連する考古学的な貯蔵所、宿泊施設、宗教上重要な場所があります。

英語表記:Qhapaq Ñan, Andean Road System

所在地:ペルー、アルゼンチン、ボリビア、チリ、チリ、コロンビア、エクアドル
S18 15 0 W69 35 30(緯度 経度:度分秒)

登録基準 (ii)(iii)(iv)(vi) 2014年登録

ボリビアの世界遺産 一覧